120 dB、192 kHz ステレオA/Dコンバータ

CS5381は、デジタル・オーディオ・システム向けの一体型オーディオA/Dコンバータ(ADC)です。サンプリング、A/D変換、およびアンチエイリアス・フィルタリングなどの機能を備え、左右の各チャネルに対して最大200 kHzのサンプル・レートで24ビットのシリアル・フォーマットでの入力を実現します。CS5381は、5次マルチビット・デルタ・シグマ・モジュレータ、その後段にデジタル・フィルタリングおよびデシメーション回路を使用しているため、アンチエイリアス・フィルタを外付けする必要がありません。このA/Dコンバータは、差動アーキテクチャを採用し、優れたノイズ除去性能を提供します。CS5381は、デジタル・ミキシング・コンソール、マルチトラック録画システム、エフェクト・プロセッサおよびA/V受信機など、広いダイナミック・レンジ、極めて低い歪み率および低雑音特性が要求されるオーディオ・システムに最適です。

特長

  • ダイナミック・レンジ:120 dB
  • -110 dB THD+N
  • マスター・モードまたはスレーブ・モードをサポート
  • CS5361とピン互換
  • 2.5~5 Vのロジック・レベルをサポート
  • 3.3 V~5 V デジタル電源
  • 5 Vアナログ電源

パラメトリック仕様

チャネル 2
分解能(ビット) 24
ダイナミック・レンジ(dB) 120
THD+N (dB) -110
サンプル・レート(kHz) 192
アナログ入力/出力 差動
パッケージ 24 SOIC、
24 TSSOP

技術文書

CS5381製品データシート

2005 年 7 月 1 日、DS563F2:293 Kb

CS5381の製品情報

2003 年 3 月 1 日、0094-0303-PB-ADP:432 Kb

設計リソース

CRD5381リファレンス・デザイン・データシート

2005 年 5 月 1 日、DS563RD1:968 Kb

AN263オーディオ変換システムのノイズ計算と要件

2004 年 10 月 18 日、AN263REV1:120 Kb

AN241アナログ入力バッファ・アーキテクチャ

2003 年 11 月 1 日、AN241REV1:716 Kb

AN232 AK5393からCS5361/81に変換

2003 年 7 月 1 日、AN232REV1:106 Kb

AN234 AK5394AからCS5381に変換

2003 年 7 月 1 日、AN234REV1:108 Kb

AN239 CS5361/CS5381互換性

2003 年 5 月 1 日、AN239REV1:387 Kb

CS5381評価ボード・データシート

2003 年 2 月 1 日、DS563DB1:814 Kb

詳細

包括的なソリューション