超低電力、音声/オーディオDSPサブシステム

超低電力の音声およびオーディオDSPチップCS48L10は、モバイル/ポータブル・アプリケーションにおいて、システム全体の消費電力をできる限り抑えながら、クラス最高のオーディオ処理能力を実現するよう設計されています。CS48L10を利用することで、製品を強化、改善、差別化でき、また同時にメインシステム・プロセッサによるオーディオ処理の負荷を軽減することができます。ホーム・オーディオ・アプリケーションのサポートはサードパーティを通じて提供されます。詳細については、販売代理店にお問い合わせください。

テクノロジー

オーディオDSP

特長

  • 最大120 MHzのシングルコアCirrus Logic 32ビットDSP
    • 独立のX、Y、およびPメモリ空間を備える先進のハーバード・アーキテクチャ
    • 固定小数点DSPコアは、クロック・サイクルあたり2つの積和(MAC)演算(32 x 32)を実行
    • 8つの72ビット・アキュムレータ
    • 20 Kワードの32ビットXデータRAM
    • 24 Kワードの32ビットYデータRAM
    • 20 Kワードの32ビットPコードRAM
    • 40 K x 32の合計ROM
  • 超低消費電力: 0.1 mW/MHz(平均的なコード、コア電源のみ)
  • オンチップ8チャネルDMA
  • 設定可能なシリアル・オーディオ入出力
    • デジタル・オーディオ入力(DAI)用マスターまたはスレーブ・モード(最大6チャネルのI²Sまたは8チャネルのTDM)
    • デジタル・オーディオ出力(DAO)用マスターまたはスレーブ・モード(最大6チャネルのI²Sまたは8チャネルのTDM)
    • 8、12、16、24、32、44.1、48、96、および192 KHzのFsサンプル・レートに対応
  • I²C™またはSPI™シリアル・インターフェース・ポート
    • マスターまたはスレーブ動作
  • 内蔵クロック・マネージャ/PLL
    • 内蔵PLLまたは外部発振器から動作できる柔軟性
  • プログラム可能な割り込みコントローラ(PIC)内蔵
  • タイマーとウォッチドッグ
  • 設定可能なGPIO
  • コアおよびメモリ用1.0~1.2 V、I/O用1.8~3.3 V
  • 内蔵の高効率パワーマネジメントにより消費電力を低減
    • 4Kブロック(P ROMは8Kブロック)に分割されたX、Y、およびPメモリ
    • 各メモリ・ブロックに独立のパワーダウン制御を搭載
    • DSPコア・クロック・スケーリングおよび電圧スケーリング
    • DSPコア用低電力モード

パラメトリック仕様

プロセッサ シングル32ビット
DSPコア速度 80 MHz 1.0 V、130 MHz 1.2 V (CS48L10)
80 MHz 1.0 V、150 MHz 1.2 V (CS48L11)
動作温度範囲(°C) 0~70;
-40~85;
-40~105
パッケージ 24 QFN、20 WLCSP (CS48L10)
24 QFN (CS48L11)

詳細

包括的なソリューション