3つのデジタル・オーディオ・インターフェースおよびスピーカ・エンハンスメントDSP搭載のマルチチャネル・コーデック

WM8958は、高集積、超低電力Hi-Fiコーデックで、内蔵のステレオ・クラスD/ABスピーカ・ドライバおよびクラスWヘッドフォン・ドライバにより、オーディオ再生中の消費電力を最小限に抑えます。このデバイスは、2つの電圧源しか必要とせず、その他すべての内部電源レールは内蔵LDOから生成されます。ステレオ全2重非同期サンプル・レート変換、および強力なアナログ・ミキシング機能と組み合わせたマルチチャネル・デジタル・ミキシングにより、非常に幅広いアーキテクチャや用途に対応します。スマート・デジタル・マイク・インターフェースにより、最大4チャネルのデジタル・マイクに電力調整、低ジッタ・クロック出力、デシメーション・フィルタを提供します。割り込みによるMICアクティビティ検出を実行できます。アクティブ・グラウンド・ループ・ノイズ除去やDCオフセット補正によって、ポップ・ノイズを防ぎ、ヘッドフォン出力のグラウンド・ノイズを抑えます。マルチバンド・コンプレッサおよびプログラマブル・パラメトリックEQは、デジタル再生経路でボリュームを最大化し、スピーカを補正します。録音経路または再生経路でダイナミック・レンジ・コントローラを使用することで、信号レベルを一定に保ち、ラウドネスを最大化し、過負荷やクリッピングからスピーカを守ります。

特長

  • 24ビットの4チャネルHi-Fi DACと2チャネルHi-Fi ADC
  • DAC 再生時 SNR:100 dB(A重み付け特性)
  • スマートMICインターフェース
    • 最大4チャネルのデジタルMICの電力、クロッキング、データ入力
    • 高性能アナログMICインターフェース
    • MICアクティビティの検出および割り込みにより、プロセッサのスリープが可能
  • 2Wステレオ(2x2 W)クラスD/ABスピーカ・ドライバ
  • キャップレス・クラスWヘッドフォン・ドライバ
    • 内蔵チャージ・ポンプ
    • ヘッドフォンへのDAC再生で総電力5.3 mW
  • 4チャネルのライン出力(シングルエンドまたは差動)
  • BTLイヤホン・ドライバ
  • マルチプロセッサ・アーキテクチャ用のデジタル・オーディオ・インターフェース
    • 非同期ステレオ・デュプレックス・サンプル・レート変換
    • 強力なミキシングおよびデジタル・ループバック機能
  • ReTune™モバイル5バンド、6チャネルのパラメトリックEQ
  • マルチバンド・コンプレッサとダイナミック・レンジ・コントローラ
  • デュアルFLLで必要なすべてのクロックを提供
    • セルフ・クロック・モードによりプロセッサのスリープが可能
    • 8 kHz~96 kHzのあらゆる標準サンプル・レート
  • アクティブ・ノイズ低減回路
    • DCオフセット補正でポップやクリックを除去
    • グラウンド・ループ・ノイズ除去
  • LDOレギュレータ内蔵
  • 72ボールW-CSPパッケージ(4.516 x 4.258 x 0.698 mm)

パラメトリック仕様

DAC 4
ADC 4
DAC THD+N (dB) -86
ADC THD+N (dB) -80
サンプル・レート(kHz) 96
パッケージ 72 WLCSP

技術文書

WM8958製品データシート

2012 年 8 月 1 日、v3.5 :4132 Kb

WM8958製品(要約)

2012 年 1 月 1 日、Rev 3.2 :677 Kb

設計リソース

WAN_0240 I²S USBオーディオ・ストリーミング

2010 年 9 月 1 日、WAN0240 rev 1.0 :1187 Kb

WAN_0215 Wolfsonオーディオ・コーデックにおけるDRC動作

2010 年 3 月 1 日、WAN0215 rev 1.0 :218 Kb

WAN_0200 クラスD出力ドライバ用のスピーカ選択

2010 年 2 月 1 日、WAN0200 rev 1.0 :172 Kb

WAN_0214グラウンド基準出力用外部部品の要件

2009 年 7 月 1 日、WAN0214 rev 1.0 :193 Kb

詳細

包括的なソリューション