ヘッドフォン・アンプ内蔵、MasterHIFIオーディオD/Aコンバータ

CS43131は、次世代の低電力オーディオDACと高再現性のヘッドフォン・アンプを組み合わせて、バッテリ寿命を縮めることなく、優れたシステムレベルのオーディオ性能を実現します。このICにより、必要なボード面積を最小限に抑えながら、性能および機能面での設計の差別化を図ることができます。CS43131は、さまざまなヘッドフォンで、優れたオーディオ品質をサポートします。このICは、110 dB以上のチャネル間分離で、600 Ωの高インピーダンス・ヘッドフォンに2 VRMSを出力し、32 Ωの低インピーダンス・ヘッドフォンに30 mWを出力します。プリエコーとリンギング・アーティファクトを最小限に抑えるために、CS43131は、5つの選択可能なデジタル・フィルタ応答をサポートする当社独自のデジタル補間フィルタを使用して設計されています。フィルタ・オプションには、疑似的リニア相および高速/低速ロールオフによる低群遅延が含まれます。アナログ出力レベルのボリューム・マッチングおよびチャネル・ミキシングにより、DSD再生経路とPCM再生経路間でシームレスな移行が可能となります。オンボードの低ノイズ、グラウンド・センター・ヘッドフォン・アンプには、当社独自のACインピーダンス検出機能が搭載されています。この機能は、ヘッドフォン・フィンガープリンティングをサポートして、変換器のインピーダンスや周波数応答に関わらず、エンド・ユーザに一貫した透過的なオーディオ体験を提供することを目的としています。このアンプは、ユーザーが組み合わせたヘッドフォン/ヘッドセットやサードパーティ・ヘッドフォン/ヘッドセットに対する、適応型のポスト処理もサポートしています。内蔵の補助オーディオ入力と「クリックレス」スイッチは、高い再現性を求めない用途向けに提供されています。

特長

  • CS43131はCS43130を進化させた製品です。以下のような新しいオーディオを実現しています。
    • 600 Ωヘッドフォンへの出力レベルが最大2 VRMSに向上
    • 進化した性能: THD+Nが-108 dBから-115 dBに向上
    • Hi-Fi DSD再生速度がDSD128からDSD256に向上
  • 一体型グラウンド・センター、クラスHヘッドフォン・ドライバ
    • 出力電力
      • チャネルあたり30 mW(32 Ω負荷)
      • チャネルあたり5 mW(600 Ω負荷)
  • 不整合シェーピング技術を使用した、先進の32ビット・オーバーサンプリング・マルチビット・モジュレータ
    • オンチップ・コンポーネントの不整合によって起こる歪みを除去
  • シリアル・オーディオ入力
    • I²S、右寄せ、左寄せ、DoP、DSDおよびTDMインターフェース
    • マスターまたはスレーブ動作
    • 0.5 dBのステップ・サイズとソフト・ランプ搭載のボリューム・コントロール
    • 44.1 kHzのデエンファシスおよび反転機能
  • 代替ヘッドフォン入力
  • 高性能再生と低電力再生をシームレスに切り替え
  • VD/VL供給電圧 = 1.8 V

パラメトリック仕様

チャネル出力 2
分解能(ビット) 32
ダイナミック・レンジ(dB) 130
THD+N (dB) -115
サンプル・レート(kHz) 384
アナログ電源(V) 1.8
供給電流(µA) 3~5
出力レベル(Vrms) 2
パッケージ 40 QFN、
42 WLCSP

MasterHIFI

Cirrus LogicのHi-Fi製品ラインの詳細については、Hi-Fiオーディオページをご覧ください。

技術文書

CS43131製品データシート

2017 年 11 月 1 日、DS1155F1:5.7 Mb

ソフトウェアとツール

CS43131向けのデバイス・パック

2017 年 11 月 15 日、v1.0.20 :4.4 Mb

詳細

包括的なソリューション