ヘッドフォン・アンプ内蔵、低消費電力、4入力/6出力 HDオーディオ・コーデック

CS4207は、192 kHz DAC、96 kHz ADC、192 kHz S/PDIFトランスミッタ/レシーバ、マイク・プリアンプおよびバイアス電圧、グラウンド・センター・ヘッドフォン・ドライバを搭載した高集積マルチチャネルの低電力HDオーディオ・コーデックです。マルチビットのデルタ・シグマ変調に基づいて、32 kHz~192 kHzで無限のサンプル・レート調整が可能です。ADC入力パスにより、多くの機能に対する制御が可能です。マイク入力パスには、選択可能なプログラマブル・ゲイン・プリアンプ・ステージと低ノイズMICバイアス電圧電源が含まれます。GAはライン入力およびマイク入力に対して利用でき、ソフト・ランプとゼロ・クロスの変化によるアナログ・ゲインを提供します。また、ADCにはソフト・ランプ変化による追加のデジタル・ボリューム減衰機能もあります。

特長

デジタル/アナログ機能

  • DAC1(ヘッドフォン/ライン出力)
    • ダイナミック・レンジ: 101 dB(A重み付け特性)
    • -88 dB THD+N
  • ヘッドフォン・アンプ - グラウンド・センター
    • 集積負電圧レギュレータ
    • DCブロッキング・コンデンサが不要
    • 44 mW電力/チャネル(16 Ω)
  • DAC2/DAC3(ライン出力)
    • ダイナミック・レンジ: 110 dB(A重み付け特性)
    • -89 dB THD+N
    • 差動平衡またはシングル・エンド
  • 各DACで32 kHz~192 kHzのサンプル・レートを個別にサポート
  • デジタル・ボリューム・コントロール
    • +6.0 dB~-57.5 dB(0.5 dB刻み)
    • ゼロ・クロスおよびソフト・ランプの変化
  • 各DACのD0およびD3の電力状態を個別にサポート
  • D3からD0への高速切り替え
    • 50 ms未満のオーディオ再生

アナログ/デジタル機能

  • ADC1/ADC2
    • ダイナミック・レンジ: 105 dB(A重み付け特性)
    • -89 dB THD+N
    • 差動平衡入力またはシングル・エンド入力
    • アナログ・プログラマブル・ゲイン・アンプ(PGA) ±12 dB(1.0 dB刻み)、ゼロ・クロスの変化およびミュート機能付き
  • MIC入力
    • 0 dB、+10 dB、+20 dB、+30 dBから選択可能なゲイン設定付きプリアンプ
    • プログラム可能な低ノイズMICバイアス・レベル
  • 各ADCで8 kHz~96 kHzのサンプル・レートを個別にサポート
  • 追加のデジタル減衰制御
    • -13.0 dB~-51.0 dB(1.0 dB刻み)
    • ゼロ・クロスおよびソフト・ランプの変化
  • 2つのデュアル・デジタルMIC入力用デジタル・インターフェース
  • 各ADCのD0およびD3の電力状態を個別にサポート

パラメトリック仕様

DAC 6
ADC 4
DACダイナミック・レンジ(dB) 110
ADCダイナミック・レンジ(dB) 105
DAC THD+N (dB) -94
ADC THD+N (dB) -88
DACサンプル・レート(kHz) 32~192
ADCサンプル・レート(kHz) 8~48
バス・インターフェース HDオーディオ
パッケージ 48 QFN

技術文書

正誤表:CS4207 Rev C0/C1/C2シリコン

2015 年 8 月 20 日、ER880C5:171 Kb

CS4207製品データシート

2012 年 8 月 8 日、DS880F4:889 Kb

設計リソース

CDB4207評価ボード・データシート

2010 年 1 月 29 日、DS880DB1:897 Kb

ソフトウェアとツール

HD Audio driver for CDB4207 (Windows 10, 64-bit only)

2018 年 3 月 22 日, v6.6001.4.02 :418 KB

HD Audio driver for CDB4207 (Windows XP, 32-bit only)

2011 年 1 月 14 日、v1.0.0.38 :35 KB

CS4207Linuxドライバ

2010 年 1 月 28 日、カーネルv2.6.30以上

詳細

包括的なソリューション