高性能、8チャネルのアナログ・ボリューム・コントロール

Cirrus LogicのフラッグシップCS3318は、8チャネル、高電圧、デジタル制御のアナログ・ボリューム・コントロールICで、オーディオ品質を測る基準であり、ダイナミック・レンジは127 dBを示します。CS3318は±9Vの電源により、調整可能範囲が+22 dB~-96 dBで118 dB、超低歪み、チャネル間分離で動作します。さらに、0.25 dBステップ・サイズ、ゼロクロス検出、プログラム可能なタイムアウトにより、非常に滑らかなボリューム調整を実現しています。CS3308は、123 dBの非常に高いダイナミック・レンジのピン互換±5 Vバージョンです。CS3318とCS3308によって、外部の部品数とプリント回路基板のスペースが削減されるため、OEMはより小型かつ低コストの製品を製造できます。動的アドレスの割り当てや、1つのシリアル・コントロール・バスによる複数デバイスのメイン・ボリューム同時制御など、特許出願中のテクノロジーによって設計が簡易化され、コスト削減につながります。

Innovation that Rocks® Cirrus Rocks® Cirrus® Engineered to Rock®

特長

  • 完全なアナログ・ボリューム・コントロール
    • 独立制御可能な8チャネル
    • 3つの設定可能なメインボリュームとミュート・コントロール
  • 幅広く調整可能なボリューム範囲
    • -96 dB~+22 dB(¼ dB刻み)
  • 低歪み、低雑音
    • 127 dBダイナミック・レンジ(CS3318)
    • 123 dBダイナミック・レンジ(CS3308)
    • -110 dB THD+N
  • 雑音のないレベル変化
    • プログラム可能なタイムアウトでのゼロクロス検出
  • 低いチャネル間クロストーク
    • チャネル間分離120 dB
  • 包括的なシリアル・コントロール・ポート
    • Supports I²CおよびSPI™通信
    • 共有2線式I²Cまたは3線式SPIコントロール・バス上で最大128デバイスの独立制御
    • I²CまたはSPIコントロール・バス上で全CS3308/18デバイスの独立およびグループ制御をサポート
  • 標準電源
    • ±9 Vアナログ電源(CS3318)
    • ±5 Vアナログ電源(CS3308)
    • +3.3 Vデジタル電源

パラメトリック仕様

チャネル 8
ダイナミック・レンジ(dB) 123(CS3308)
127(CS3318)
ゲイン(dB) 22
THD+N (dB) -112
アナログ電源(V) +/-5(CS3308)
+/-8 - +/-9(CS3318)
デジタル電源(V) 3.3
供給電流(mA) 36(アナログ・タイプ)
0.6(デジタル・タイプ)
パッケージ 48 LQFP

詳細

包括的なソリューション