MUXおよびS/PDIF内蔵、104 dB ステレオ・コーデック

CS4265は、5チップ設計とS/PDIF出力を特長とするステレオ・オーディオ・コーデックで、高品質なオーディオ性能を実現します。アナログ・フロントエンドに2:1入力マルチプレクサと、±12 dB(0.5 dB刻み)のアナログ・ゲインが可能なプログラマブル・ゲイン・アンプ(PGA)を備え、ゼロ・クロスのクリック・フリーレベル調整機能で優れた音質を維持します。1対の入力では、32 dBのゲインを提供する専用のマイク・プリアンプがそのパスに用意され、低ノイズのマイク・バイアス電源も利用できます。ステレオ・アナログ‐デジタル(A/D)およびデジタル‐アナログ(D/A)変換は、マルチビット・デルタ・シグマ・アーキテクチャに基づいています。同期S/PDIF (IEC60958-3)デジタル・オーディオ送信機が内蔵されており、追加設計の柔軟性を提供するとともに、システム・コストを低減します。

特長

  • 完全なステレオ・コーデック
  • 192 kHz S/PDIF送信機内蔵
  • 24ビット変換
  • 最大192 kHzのシステム・サンプル・レート
  • 高性能マルチビット・デルタ・シグマ・アーキテクチャ
  • ダイナミック・レンジ:104 dB
  • -95 dB ADC THD+N
  • -90 dB DAC THD+N
  • 2:1入力マルチプレクサ
  • IEC60958-3送信機
  • プログラマブル・ゲイン・アンプ: ±12 dBゲイン(0.5 dB刻み、ゼロ・クロス)
  • 32 dBゲインおよび低ノイズ・バイアス電源付きマイク・プリアンプ
  • デジタル・ボリューム・コントロール
  • クリック/ポップ・ノイズをコントロールするPopguard®技術
  • シングルエンド入力および出力
  • 3.3 Vまたは5.0 V電源
  • 1.8 V~5 Vロジック・レベルのダイレクト・インターフェースをサポート
  • オーバーフロー検出
  • ハイパス・フィルタ(defeat)
  • パッケージ: 32ピンQFN、鉛フリー対応

パラメトリック仕様

チャネル入力 2
チャネル出力 2
DAC THD+N (dB) -90
ADC THD+N (dB) -95
アナログ電源(V) 3.3~5
デジタル電源(V) 3.3~5
ロジック電源(V) 1.8~5
消費電力(mW) 198~400
パッケージ 32 QFN

詳細

包括的なソリューション