クラスDスピーカ・ドライバ内蔵 低電力コーデック

CS42L52は、24ビットの低電力ステレオ・オーディオ・コーデックです。外部スピーカにチャネルあたり最大1 Wの非常に効率のよいクラスD増幅を行うか、あるいはステレオ・ヘッドフォンにチャネルあたり44 mWで駆動するのに十分な電力を供給し、再生モードではわずか13 mW/1.8 Vの消費電力を達成しています。CS42L52は、そのコアを単一の電源から駆動することも、クラスDアンプをバッテリー電源に直結してより効率的な動作を実現することもできます。グラウンド・センター出力により、CS42L52では、起動時のクリック・ノイズやポップ・ノイズが低減し、ロー・エンドの周波数特性が改善します。さらに、DCブロッキング・コンデンサが不要となるため、コストとスペースを削減することにもつながります。

アプリケーション・カテゴリ

スマート・ホームウェアラブル

特長

ステレオ・コーデック:

  • 高性能ステレオADCおよびDAC
    • ダイナミック・レンジ: 99 dB (ADC)、98 dB (DAC)(A重み付け特性)
    • -88 dB THD+N
  • 柔軟なステレオ・アナログ入力アーキテクチャ
    • 4:1アナログ入力マルチプレクサ
    • アナログ入力ミキシング
    • ボリューム・コントロールを備えたアナログ・パススルー
    • アナログ・プログラマブル・ゲイン・アンプ(PGA)
  • プログラム可能な自動レベル制御(ALC)
    • 雑音抑制用の雑音ゲート
    • プログラム可能なしきい値とアタック/リリース・レート
  • デュアルMIC入力
    • 差動またはシングル・エンド
    • MICプリアンプ: +16 dB~+32 dB(1 dB刻み)
    • プログラム可能な低ノイズMICバイアス・レベル
  • デジタル信号処理エンジン
    • バスおよびトレブルのトーン・コントロール、デエンファシス
    • マスター・ボリュームおよび独立したPCM SDIN + ADC SDOUT Mixボリューム・コントロール
    • ソフト・ランプおよびゼロ・クロスの変化
    • プログラマブル・ピーク・ディテクタおよびリミッタ
    • フル・トーン・コントロール付きビープ音ジェネレータ

クラスDステレオ/モノラル・スピーカ・アンプ:

  • 外部フィルタ不要
  • 10% THD+Nで高ステレオ出力
    • 2 x 1.00 W (8 Ω @ 5.0 V)
    • 2 x 550 mW (8 Ω @ 3.7 V)
    • 2 x 230 mW (8 Ω @ 2.5 V)
  • 10% THD+Nで高モノラル出力
    • 1 x 1.90 W (4 Ω @ 5.0 V)
    • 1 x 1.00 W (4 Ω @ 3.7 V)
    • 1 x 350 mW (4 Ω @ 2.5 V)
  • バッテリー直結での駆動が可能
    • バッテリー・レベル・モニタリングと補正
  • 800 mWで82%
  • 位相調整されたPWM出力によりアイドル・チャネル電流を削減
  • スペクトラム拡散変調
  • 低静止電流

ステレオ・ヘッドフォン・アンプ:

  • グラウンド・センター出力
    • DCブロッキング・コンデンサが不要
    • 集積負電圧レギュレータ
  • -75 dB THD+Nでの高出力
    • 2 x 23 mW (16 Ω @ 1.8 V)
    • 2 x 44 mW (16 Ω @ 2.5 V)

システムの機能:

  • 標準的なオーディオ・クロック・レートに加えて、12、24、27 MHzのマスター・クロックをサポート
  • 高性能24ビット・コンバータ
    • マルチビット・デルタ・シグマ・アーキテクチャ
    • きわめて低い64Fsのオーバーサンプリング・クロックにより消費電力を削減
  • 低電力動作
    • ステレオ・アナログ・パススルー: 10 mW @ 1.8 V
    • ステレオ再生: 14 mW @ 1.8 V
    • ステレオ録音および再生: 23 mW @ 1.8 V
  • 可変電源
    • 1.8 V~2.5 Vのデジタルおよびアナログ
    • 2.5 V~5 VのクラスDアンプ
    • 1.8 V ~ 2.5 Vヘッドフォン・アンプ
    • 1.8 V ~ 3.3 Vのインターフェース・ロジック
  • パワー・ダウン管理
    • ADC、DAC、コーデック、MICプリアンプ、PGA、ヘッドフォン・アンプ、スピーカ・アンプ
  • アナログおよびデジタル・ルーティング/ミックス:
    • ライン/ヘッドフォン出力 = アナログ入力(ADCバイパス)
    • ライン/ヘッドフォン/スピーカ出力 = ADC + デジタル入力
    • デジタル出力 = ADC + デジタル入力
    • 内部デジタル・ループバック
    • モノラル・ミックス
  • フレキシブル・クロック・オプション
    • マスターまたはスレーブ動作
    • 高インピーダンス・デジタル出力オプション(コーデックとその他のデータ・ソース間の簡単なマルチプレクシング)
    • クォーター・モード(例: 最大8 kHzまでフラットなノイズフロアを維持しながら16 kHzのサンプリング周波数に対応)
    • サンプル・レート: 4 kHz~96 kHz
  • I²Cコントロール・ポート動作
  • 温度モニタおよびシャットダウン
  • ヘッドフォン/スピーカの検出用入力
  • ポップとクリックの抑制

パラメトリック仕様

DAC 2
ADC 2
DAC THD+N (dB) -86
ADC THD+N (dB) -88
サンプル・レート(kHz) 4~96
アナログ電源(V) 1.65~2.83
供給電流(µA) 1.65~2.83
パッケージ 40 QFN

技術文書

CS42L52製品データシート

2013 年 3 月 11 日、DS680F2:3359 Kb

正誤表:CS42L52 Rev B0シリコン

2007 年 8 月 24 日、ER680B1:99 Kb

設計リソース

CDB42L52評価ボード・データシート

2006 年 12 月 6 日、DS680DB1:4117 Kb

アプリケーション

詳細

包括的なソリューション