ヘッドフォン・アンプ内蔵、低電力 ステレオ・コーデック

低電力のオーディオ・コーデックCS42L51は、バッテリ寿命を最大限に延ばし、最終製品のフォームファクタを最小化すると同時に、優れたオーディオ性能を実現します。CS42L51は、1.8 V単一電源で動作することで消費電力の最適化を達成すると同時に、16Ωのステレオ・ヘッドフォンに46 mWという十分なパワーを出力して、素晴らしい音響効果を実現します。この24ビット、96 kHzのステレオ・コーデックは、4 kHz~100 kHzで無限サンプル・レート調整を行うことができ、負電源電圧をオンチップで独自に発生させます。

アプリケーション・カテゴリ

スピーカスマート・ホーム

特長

  • 低電力オーディオ・コーデック
    • ステレオ再生: 12.93 mW @ 1.8 V
    • ステレオ録音および再生: 20 mW @ 1.8 V
  • 1.8 Vまたは2.5 V単一電源で動作
  • アナログ入力
    • 3:1ステレオ入力セレクタ
    • PGA、+12 dB~-3 dB(0.5 dB刻み)
    • +32 dBまたは+16 dBのステレオ・マイク・プリアンプ(バイアス電源付き)
    • オーバーフロー検出を備えた自動レベル制御
  • アナログ出力
    • ステレオ・ヘッドフォンまたはライン・レベル出力として構成可能
    • グラウンド・センター出力 – DCブロッキング・コンデンサ不要
    • 16 Ω ステレオ・ヘッドフォン(2.5 V)に最大88 mWの出力
    • 16 Ω ステレオ・ヘッドフォン(1.8 V)に最大46 mWの出力
  • デジタル信号処理エンジン
    • デジタルのバスおよびトレブルのトーン・コントロール
    • プログラム可能なピーク信号検出およびリミッタ
    • ソフト・ランプとゼロ・クロス付きデジタル・ボリューム・コントロール
    • オンチップのビープ音生成
  • ダイナミック・レンジ:98 dB
  • THD+N:-88 dB(HP負荷で-75 dB)
  • 24ビット変換、最大96 kHzのサンプル・レート
  • 柔軟なパワー・ダウン管理 – チップ/ブロックが選択可能
  • CS42L51、32 QFN、鉛フリー対応

パラメトリック仕様

DAC 2
ADC 2
DAC THD+N (dB) -86
ADC THD+N (dB) -88
サンプル・レート(kHz) 96
アナログ電源(V) 1.8~2.5
供給電流(µA) 1.8~2.5
パッケージ 32 QFN

技術文書

CS42L51製品データシート

2015 年 8 月 7 日、DS679F2:2727 Kb

CS42L51の製品情報

2005 年 7 月 11 日、0167-0605-PB-LP:88 Kb

設計リソース

CDB42L51評価ボード・データシート

2007 年 11 月 1 日、DS679DB2:1983 Kb

CRD42L51リファレンス・デザイン・データシート

2005 年 12 月 15 日、DS679RD1:696 Kb

アプリケーション

詳細

包括的なソリューション