タッチパネル・コントローラ内蔵 コーデック

WM9715は、モバイル・コンピューティングおよびモバイル通信用に設計された高集積入出力デバイスです。このデバイスは、4線式または5線式タッチパネル、モノラルまたはステレオ・マイク、ステレオ・ヘッドフォン、モノラル・スピーカに直接接続でき、システムの総部品数を減らします。また、ワイヤレス通信デバイスとのシームレスな統合が可能な電話入出力ピンを備えています。またWM9715は、温度や光などのアナログ測定用に最大4チャネルの補助ADC入力を備えています。ポータブル・システムのバッテリー電圧を監視するために、WM9715には使用目的を特定しない2つのコンパレータ入力があります。デバイス機能はすべて、AC'97規格(2.2)に準拠した単一ACリンク・インターフェースを通じてアクセス、制御されます。またWM9715は、ペンダウン、ペンアップ、タッチパネル・データの利用可、バッテリー低下、およびバッテリー切れを知らせるための割り込みを生成できます。WM9715は、1.8~3.6 Vの電源電圧で動作します。ソフトウェア制御によってチップの各セクションをパワーダウンし、電力を節約することができます。このデバイスは、7 x 7 mmの小型リードレスQFNパッケージで提供され、ハンドヘルド型ポータブル・システムに最適です。

特長

  • AC'97 Rev 2.2互換ステレオ・コーデック
    • DAC SNR:90 dB、THD:–86 dB
    • ADC SNR:88 dB、THD:–88 dB
    • 可変レート・オーディオ、あらゆるWinCEサンプル・レートをサポート
    • トーン・コントロール、バス・ブースト、3Dエンハンスメント
  • オンチップの45 mWヘッドフォン・ドライバ
  • オンチップの400mWモノラル・スピーカ・ドライバ
  • ステレオ、モノラルまたは差動マイク入力
    • 自動レベル制御(ALC)
  • 補助モノラルDAC(着信音またはDCレベル発生用)
  • ワイヤレス・チップセットへのシームレスなインターフェース
  • 抵抗膜方式タッチパネル・インターフェース
    • 4線式または5線式のパネルに対応
    • 分解能12ビット、INL ± 3 LSB(<0.5ピクセル)
    • X、Yおよびタッチ圧(Z)の測定
    • スリープ・モードでペンダウン検出に対応
  • 2つのバッテリー監視用コンパレータ入力
  • 最大4つの補助ADC入力
  • 電源電圧1.8V~3.6V
  • 7x7mm QFN

パラメトリック仕様

DAC 3
ADC 3
DAC SNR (dB) 90
ADC SNR (dB) 88
ADC THD (dB) -88
ヘッドフォン・ドライバ はい
BTLスピーカ出力 はい
コントロール+データ・インターフェース AC '97
アナログ電源(V) 1.8~3.6
消費電力(mW) 0.91~81
パッケージ 48 QFN

詳細

包括的なソリューション