タッチパネル・コントローラ内蔵 音声/オーディオ・コーデック

WM9713Lは、モバイル・コンピューティングおよびモバイル通信用に設計された高集積入出力デバイスです。このチップはデュアル・コーデック動作向けに設計されており、ACリンク・インターフェースを介してHi-Fiステレオ・コーデック機能をサポートし、またPCMタイプの同期シリアル・ポート(SSP)を介して音声コーデック機能にも対応しています。メイン・コーデックとは異なるサンプル・レートで、監視トーンや着信音の生成などをサポートする、第3の補助DACを搭載しています。このデバイスは、4線式または5線式タッチパネル、モノラルまたはステレオ・マイク、ステレオ・ヘッドフォン、ステレオ・スピーカに直接接続でき、システムの総部品数を削減します。ヘッドフォン、スピーカ、イヤホンへのキャップレス接続が可能なため、コストおよびボード面積を抑えることができます。また、アナログ接続されたワイヤレス通信デバイスとのシームレスな統合を可能にする複数のアナログ入出力ピンが装備されています。デバイスのすべての機能は、AC'97規格に準拠した単一ACリンク・インターフェースを通じてアクセス、制御されます。24.576 MHzのマスター・クロックは、直接入力するか、またはオンボードPLLによって13 MHz(またはその他の周波数)クロックから内部で生成できます。PLLは2.048 MHz~78.6 MHzの幅広い入力クロックに対応します。WM9713Lは、1.8~3.6 Vの電源電圧で動作します。ソフトウェア制御によってチップの各セクションをパワーダウンし、電力を節約することができます。このデバイスは、7 x 7 mmの小型リードレスQFNパッケージで提供され、ハンドヘルド型ポータブル・システムに最適です。

特長

  • AC'97 Rev 2.2互換ステレオ・コーデック
  • DAC SNR:94 dB、THD:–85 dB
  • ADC SNR:87 dB、THD:–86 dB
  • 可変レート・オーディオ、あらゆるWinCEサンプル・レートをサポート
  • トーン・コントロール、バス・ブースト、3Dエンハンスメント
  • オンチップの45 mWヘッドフォン・ドライバ
  • オンチップ、400 mWのモノラルまたはステレオ・スピーカ・ドライバ
  • ステレオ、モノラルまたは差動マイク入力
  • 自動レベル制御(ALC)
  • マイク挿入、マイク・ボタン押下検出
  • 補助モノラルDAC(着信音またはDCレベル発生用)
  • ワイヤレス・チップセットへのシームレスなインターフェース
  • 抵抗膜方式タッチパネル・インターフェース
  • 4線式または5線式のパネルに対応
  • 分解能12ビット、INL ± 2 LSB(0.5ピクセル以下)
  • X、Yおよびタッチ圧(Z)の測定
  • スリープ・モードでペンダウン検出に対応
  • 追加のPCM/I²Sインターフェースで音声コーデックに対応
  • PLLから生成するオーディオ・クロック
  • 入力クロック範囲2.048MHz~78.6MHzに対応
  • 電源電圧1.8 V~3.6 V(デジタル最低電圧1.62 V、スピーカ最大電圧4.2 V)
  • 7 x 7 mm 48リードQFNパッケージ

パラメトリック仕様

DAC 4
ADC 3
DAC SNR (dB) 94
ADC SNR (dB) 87
DAC THD+N (dB) -85
ADC THD+N (dB) -86
ヘッドフォン・ドライバ true
BTLスピーカ出力 true
コントロール+データ・インターフェース AC '97 PCM、
I²S
アナログ電源(V) 1.8~3.6
供給電流(µA) 1.5~3.6
パッケージ 48 QFN

技術文書

WM9713L製品データシート

2017 年 1 月 24 日、v4.0 :2.2 Mb

6123 EV1 REV2回路図とレイアウト

2008 年 8 月 1 日、v1.0 :2200 Kb

詳細

包括的なソリューション