1 Wスピーカ・ドライバ内蔵 低電力D/Aコンバータ

WM8956は、5 V電源で8 Ω負荷にチャネルあたり1Wを供給するクラスDスピーカ・ドライバを搭載した低電力ステレオD/Aコンバータ(DAC)です。低リーク、高PSRRかつポップ/クリック抑制メカニズムを備えているため、スピーカ電源をバッテリーに直接接続することができます。柔軟なスピーカ・ブースト設定により、他のアナログ電源電流を低く抑えつつ、スピーカ出力電力を最大化できます。最大3つのステレオ・ソースをサポートする非常に柔軟な入力設定が搭載されており、完全なマイク・インターフェースを備えています。ステレオ24ビットのデルタ・シグマDACは、低電力オーバーサンプリング・デジタル補間フィルタおよび柔軟なデジタル・オーディオ・インターフェースとあわせて使用します。マスター・クロックは直接入力するかまたは内部のオンボードPLLで生成し、一般的に使用されるほとんどのクロック方式をサポートします。

特長

  • ポップとクリックの抑制
  • 3Dエンハンスメント
  • ステレオ・クラスDスピーカ・ドライバ
  • 効率87%(1 W出力)
  • 柔軟な内部スイッチング・クロック
  • オンチップ・ヘッドフォン・ドライバ
  • 3.3Vで16Ωに40 mW出力電力
  • キャップレス・モードをサポート
  • マイク・インターフェース
  • 疑似差動による高ノイズ耐性
  • 低ノイズMICBIAS内蔵
  • 低消費電力
  • 16 mWヘッドフォン再生(2.7 V / 1.8 V電源)
  • 低電源電圧
  • オンチップPLLによる柔軟なクロック方式
  • サンプル・レート(kHz):8、11.025、12、16、22.05、24、32、44.1、48
  • 32ピンQFNパッケージ

パラメトリック仕様

チャネル出力 2
分解能(ビット) 24
ダイナミック・レンジ(dB) 99
THD+N (dB) -87
サンプル・レート(kHz) 96
アナログ電源(V) 2.7~5.5
供給電流(µA) 1.7~3.6
出力レベル(Vrms) 1
パッケージ 32 QFN

技術文書

WM8956製品データシート

2011 年 11 月 1 日、v4.1 :1089 Kb

WM8956 6158 FL32 M REV1構成例

2009 年 3 月 1 日、v1.0 :7100 Kb

WM8956 6158 FL32 M回路図とレイアウト

2009 年 3 月 1 日、v1.1 :1200 Kb

WM8956製品概要

2006 年 1 月 1 日、該当なし :186 Kb

設計リソース

クラスDとは

2006 年 9 月 1 日、Rev 1.0 :67 Kb

クラスDオーディオ設計のヒント

2006 年 1 月 1 日、該当なし :325 Kb

詳細

包括的なソリューション