S/PDIFトランシーバ搭載のマルチチャネルHDAコーデック

WM8850は、高性能PCのオーディオ・システム用に設計された、高性能マルチチャネル・オーディオ・コーデックです。このデバイスは、IntelのHigh Definition Audio (HDA) 1.0と完全互換で、業界標準のHDAコントローラとのシームレスな統合が可能です。WM8850は、3チャネルの高性能ステレオDACを搭載し、6チャネルのハイデフィニション・オーディオが可能なため、5.1チャネルのアプリケーションに最適です。高性能のグラウンド基準ステレオ・ヘッドフォン・アンプは、高度なチャージ・ポンプおよびDCサーボ技術を活用し、高いオーディオ品質を維持しつつ、システム・コストとスペースを最小限に抑えます。ライン出力によってスピーカ・アンプへの良質な差動接続が得られるため、これらのトレースがPCBをまたいでルーティングされる場合にコモンモード・ノイズを除去します。またWM8850は、2つの高性能ステレオADCも搭載しており、Hi-Fi品質のアナログ・ライン入力およびマイク入力のデジタル化が可能です。プログラム可能な出力電圧を備えた低ノイズ・マイク・バイアスが提供されています。さらに、このコーデックは、最大4チャネルの独立したデジタル・マイクをサポートできるデジタル・マイク・インターフェースを備えています。ラインレベル信号用の差動ステレオ入力が1チャネル、内蔵マイク・プリアンプを備えた疑似差動ステレオ入力が1チャネル用意されています。また、WM8850には、IEC-60958-3に完全準拠するS/PDIFトランシーバも搭載されています。S/PDIFの送受信経路はそれぞれサンプル・レート・コンバータ(SRC)を含み、S/PDIF送受信とHDAインターフェースのクロック・ドメインとの間の非同期サンプル・レート変換を可能とします。追加のS/PDIF送信機により、HDAインターフェースからステレオ・ストリームを直接出力できます。WM8850は、小型の48ピンQFNパッケージで提供されます。

特長

  • マルチチャネルのハイデフィニション・オーディオ・コーデック
  • Intel High Definition Audio Revision1.0に完全準拠
  • 6チャネルDAC、4チャネルADC
  • DACサンプリング周波数 8 kHz~192 kHz
  • ADCサンプリング周波数 8 kHz~96 kHz
  • DAC性能:
    • SNR:108 dB(A重み付け特性)
    • SNR:105 dB(重み付け特性なし)
    • THD:-96 dB (0 dBFS)
  • ADC性能:
    • SNR:105 dB(A重み付け特性)
    • SNR:102 dB(重み付け特性なし)
    • THD:-95 dB (-1 dBFS)
  • グラウンド基準のステレオ・ヘッドフォン・ドライバ
  • 差動ライン入出力
  • 内蔵プリアンプを備えたステレオ・マイク・インターフェース
  • マルチチャネル・デジタル・マイク・インターフェース
  • IEC-60958-3準拠のS/PDIFトランシーバ
  • 追加のIEC-60958-3準拠S/PDIF送信機
  • ジャック検出と負荷インピーダンス検知
  • ビープ音ジェネレータ
  • GPIO機能
  • IEEE-754単精度32ビット浮動小数点対応
  • 電源
    • デジタル・コア: 1.62 V~1.98 V
    • デジタル・バッファ: 2.97 V~3.63 V
    • アナログ: 4.5 V~5.5 V
    • チャージ・ポンプ: 4.5 V~5.5 V
  • 48ピン7 mm x 7 mm QFNパッケージ

パラメトリック仕様

DAC 6
ADC 4
DACダイナミック・レンジ(dB) 108
ADCダイナミック・レンジ(dB) 105
DAC THD+N (dB) -96
ADC THD+N (dB) -95
DACサンプル・レート(kHz) 8~192
ADCサンプル・レート(kHz) 8~96
バス・インターフェース HDオーディオ
パッケージ 48 QFN

技術文書

WM8850製品データシート

2017 年 1 月 24 日、v4.0 :3.2 Mb

WM8850~WM8860製品チラシ

2011 年 1 月 1 日、該当なし :386 Kb

詳細

包括的なソリューション