スピーカ・ドライバ内蔵コーデック

WM8750は、低電力・高品質のステレオ・コーデックです。ステレオまたはモノラルのマイク・インターフェースとステレオ・ヘッドフォンを備えています。高度なオンチップ・デジタル・シグナル処理により、グラフィック・イコライザ、3Dサウンド・エンハンスメントおよびマイクやライン入力の自動レベル制御を実行します。WM8750は、USBデバイスでは12/24 MHz、または12.288 MHzや24.576 MHzなど標準の256fsレートを含むさまざまなマスター・クロック周波数でマスターまたはスレーブとして動作可能です。96 kHz、48 kHz、44.1 kHzなどの異なるオーディオ・サンプル・レートが、外部PLLを用いることなくマスター・クロックで直接生成されます。

特長

  • DAC SNR:98 dB(A重み付け特性)、THD:-95B(48 kHz、3.3 V)
  • ADC SNR:95dB(A重み付け特性)、THD:-90dB (48 kHz、3.3 V)
  • 完全なステレオまたはモノラルのマイク・インターフェース
  • プログラマブルALC/ノイズゲート
  • オンチップの400 mW BTLスピーカ・ドライバ(モノラル)
  • オンチップ・ヘッドフォン・ドライバ
  • 16 W/3.3 Vで出力40 mW以上
  • THD:20 mWで80 dB、SNR:16 Wの負荷で90 dB
  • DCブロッキング・コンデンサ不要(キャップレス・モード)
  • モノラル出力を別にミックス
  • デジタル・グラフィック・イコライザ
  • 低電力
    • 7 mWステレオ再生(1.8 V/1.5 V電源)
    • 14 mW録音再生(1.8 V/1.5 V電源)
  • 低電源電圧
    • アナログ1.8V~3.6V
    • デジタル・コア: 1.42 V~3.6 V
    • デジタルI/O: 1.8 V~3.6 V
  • 256fs/384fsまたはUSBマスター・クロック周波数: 12 MHz、24 MHz
  • オーディオ・サンプル・レート: マスタークロックから8、11.025、16、22.05、24、32、44.1、48、88.2、96 kHzが内部で生成
  • 5 x 5 x 0.9 mm QFNパッケージ

パラメトリック仕様

DAC 2
ADC 2
DAC THD+N (dB) -86
ADC THD+N (dB) -84
サンプル・レート(kHz) 96
アナログ電源(V) 1.8~3.6
供給電流(µA) 1.42~3.6
パッケージ 32 QFN

技術文書

WM8750BL製品データシート

2012 年 8 月 1 日、v4.1 :765 Kb

WM8750L製品データシート

2012 年 8 月 1 日、v4.4 :672 Kb

WM8750JL製品データシート

2012 年 4 月 1 日、v4.1 :554 Kb

WM8750BL-6097-FL32-M-REV1構成例

2008 年 6 月 1 日、v1.0 :3700 Kb

WM8750BL-6097-FL32-M-REV1 回路図とレイアウト

2008 年 6 月 1 日、v1.0 :1100 Kb

6097 EV1 REV2回路図とレイアウト

2008 年 1 月 1 日、v1.1 :2400 Kb

詳細

包括的なソリューション