マイク・プリアンプ内蔵 ステレオADC

WM8737は、低電力のステレオ・オーディオADCで、特にミニディスクやメモリ・オーディオ/ボイスレコーダーなどのポータブル・アプリケーション向けに設計されました。このデバイスは3セットのステレオ入力を提供し、これらはラインレベル信号、内蔵もしくは卓上マイク、またはDC測定(バッテリー監視)用に設定できます。プログラマブル・ゲイン・アンプは、ホールド時間、アタック時間および減衰時間をユーザ側で設定できる自動レベル制御(ALC)に使用できます。この製品は、選択可能なハイパス・フィルタも備えており、残ったDCオフセットを除去します。WM8737は、信号源がモノラルならモノラル・モードで動作し、消費電力を抑えることができます。また、アナログでもデジタルでも、2つのチャネルをミックスしてモノラルにすることができます。マスター・モードまたはスレーブ・モードのクロッキングを提供します。ステレオ24ビットのマルチビット・デルタ・シグマADCを16~32ビットのデジタル・オーディオ出力ワード長で使用し、8 kHz~96 kHzのサンプル・レートに対応します。このデバイスは、2線式または3線式シリアル・インターフェースで制御されます。このインターフェースにより、ゲイン制御、アナログまたはデジタルのモノラル・ミキシング、およびパワーマネジメントなどすべての機能を利用できます。この製品は、5x5mmのリードレスQFNパッケージで供給されます。

特長

  • 完全なステレオまたはモノラルのマイク・インターフェース
  • プログラム可能なマイク・プリアンプ
  • 自動レベル制御
  • 低ノイズのマイク・バイアス電圧
  • 設定可能な電力/性能の低電力モード
  • AVDD = 1.8 Vで8.5 mW(ステレオ、マイク・プリアンプ オフ)
  • AVDD = 3.3 Vで20 mW(ステレオ、マイク・プリアンプ オフ)
  • 低電源電圧
    • アナログ1.8V~3.6V
    • デジタル・コア: 1.42 V~3.6 V
  • デジタルI/O: 1.8 V~3.6 V
  • 256fs/384fsまたはUSBマスター・クロック周波数: 12 MHz、24 MHz
  • オーディオ・サンプル・レート: マスタークロックから8、11.025、12、16、22.05、24、32、44.1、48、88.2、96 kHzが内部で生成

パラメトリック仕様

チャネル 2
分解能(ビット) 24
ダイナミック・レンジ(dB) 97
THD+N (dB) -86
サンプル・レート(kHz) 16~96
アナログ入力/出力 シングルエンド
パッケージ 32 QFN

技術文書

WM8737L製品データシート

2012 年 1 月 1 日、v4.4 :406 Kb

WM8737-6097-FL32-M-REV1構成例

2007 年 9 月 1 日、v1.0 :434 Kb

WM8737-6097-FL32-M-REV1 回路図レイアウト

2007 年 9 月 1 日、v1.0 :849 Kb

詳細

包括的なソリューション