3チャネル高速CCD/CIS ADC

WM8215は、16ビットのアナログ・フロントエンド/デジタイザICで、CCDセンサーまたは密着型イメージ・センサー(CIS)からのアナログ出力信号を、最大60 MSPSのピクセル・サンプル・レートで処理、デジタル化します。このデバイスには3つのアナログ信号処理チャネルがあり、各チャネルはリセット・レベル・クランプ、相関2重サンプリング、プログラム可能なゲインおよびオフセット調節機能を備えます。これらの各チャネルからの出力は、単一の高速10ビット・アナログ・デジタル・コンバータへと時分割多重化されます。デジタル出力データは、10ビット幅の並列形式で出力されます。内部基準レベルの生成用に、4ビットの内部DACを備えています。このDACは、非CDSモードにおけるCIS信号の参照、またはリセット・レベル・クランプにおけるCCD信号のクランプに使用できます。外部基準レベルも使用できます。ADC基準は内部で生成され、デバイスの性能を最大限引き出します。WM8215のアナログ電源電圧は3.3 V、デジタル・インターフェース電源電圧は3.3 Vで、消費電力は400 mW(代表値)です。

テクノロジー

画像A/Dコンバータ

特長

  • 10ビットADC
  • 変換レート60 MSPS
  • 低電力 - 400 mW(代表値)
  • 3.3 Vの単一電源動作
  • 3チャネル動作
  • 相関2重サンプリング
  • プログラマブル・ゲイン(9ビット分解能)
  • プログラム可能なオフセット調節(8ビット分解能)
  • 柔軟なクランプ・タイミング
  • プログラム可能なクランプ電圧
  • 内部生成の電圧リファレンス
  • 32リードQFNパッケージ
  • シリアル制御インターフェース

パラメトリック仕様

分解能(ビット) 10
速度(MSPS) 60
入力PGA(ビット) 9
出力フォーマット CMOS: 10ビット
消費電力(mW) 360
パッケージ 32 QFN

技術文書

WM8215製品データシート

2012 年 9 月 1 日、v4.3 :613 Kb

WM8215-6109-FL32-M-REV1 回路図とレイアウト

2009 年 1 月 1 日、v1.0 :1600 Kb

詳細

包括的なソリューション