高性能、ネットワーク対応、ARM9 システムオンチップ・プロセッサ

EP9302は、200 MHz ARM9プロセッサを搭載した高性能システムオンチップ設計で、幅広い産業用およびコンシューマー用電子機器アプリケーションに最適です。EP9302は、Linux®、Windows CE®、その他のさまざまな組み込みオペレーティング・システムをサポートするメモリ・マネジメント・ユニット(MMU)を搭載した先進的なARM920Tプロセッサを内蔵しています。ARM920Tの32ビット・マイクロコントローラ・アーキテクチャは、5段階パイプライン構成になっており、低電力で優れた性能を実現しています。16 KB命令キャッシュと16 KBデータ・キャッシュによって、実行中のプログラムやデータは、ゼロサイクルのレイテンシとなります。または、これらのキャッシュをロックすることで、重要な命令やデータにレイテンシなしでアクセスできることも保証します。命令メモリのサイズが制限されるアプリケーションの場合、ARM920Tの圧縮Thumb命令セットによってスペース効率が向上し、外部命令メモリを最大限に活用することができます。ARM920Tコアは、MaverickCrunch™コプロセッサにより拡張されています。このコプロセッサは、ARM920Tの単精度/倍精度整数および浮動小数点処理能力を大幅に強化するため、EP9302はデジタル・オーディオ/ビデオ・フォーマットのエンコーディング、産業用制御アルゴリズムの処理、その他の数値演算集約型コンピューティングやデータ処理機能の実行時に高速な演算能力を発揮します。MaverickKey™のユニークなハードウェア・プログラムIDによって、Webコンテンツおよび商取引の安全性に対する懸念を解決できます。MaverickKey™を使用することで、OEMはSDMI(Secure Digital Music Initiative)やその他のデジタル権利管理機構などに使用される特定のハードウェアIDを割り当てることができます。1/10/100 Mbpsの高性能イーサネット・メディア・アクセス・コントローラ(MAC)のほか、SPI、AC '97、およびI²Sオーディオへの外部インターフェースも搭載されています。また、12 Mbpsで動作する2ポートUSB 2.0フルスピード・ホスト(OHCI)、2つのUART、および12ビットA/Dコンバータも搭載されています。ARM920Tコアは1.8 V電源で動作します。入出力(I/O)は3.3 Vで動作し、電力使用量は通常0.5 W未満です。産業用制御機器やインターネット・ラジオ、デジタル・メディア・サーバー、オーディオ・ジュークボックス、シン・クライアント、セットトップ・ボックス、販売時点情報管理(POS)端末、バイオメトリック・セキュリティ・システム、GPSデバイスなどの設計者は、EP9302の統合アーキテクチャと高度な機能を大いに活用できます。設計者は、EP9302の周辺インターフェースを有効/無効にすることで開発コストを削減し、変更可能な単一のプラットフォームを作成して最終製品を差別化し、市場投入までの期間を短縮できます。Cirrus Logicの組み込みプロセッサ製品は、さまざまなオペレーティング・システムによって補完されています。Microsoft® Windows CE.NET®およびLinux®ソリューションでは、完全なドライバ・サポートを利用できます。

テクノロジー

ARM9組み込みプロセッサ

特長

  • 200 MHz ARM920Tプロセッサ
    • 16 KBデータ・キャッシュと16 KB命令キャッシュ
    • Linux®およびWindows CE®に対応するMMU
    • 100 MHzシステム・バス
  • MaverickCrunch™演算エンジン
    • 浮動小数点、整数、信号処理命令
    • デジタル・ミュージック圧縮アルゴリズム向けに最適化
    • ハードウェア・インターロック機能によるインライン・コーディング
  • デジタル権利管理やIPセキュリティ設計向けのMaverickKey™ ID(特別オーダー機能)
    • 32ビットのユニークID
    • 128ビットのランダムID
  • 周辺インターフェースを内蔵
    • 5入力A/Dコンバータ(12ビット分解能)
    • 1/10/100 MbpsイーサネットMAC
    • 2ポートUSB 2.0フルスピード・ホスト(OHCI)
    • 2つのUART(16550型)、ソフト・モデム・サポートを含みます
    • IrDAインターフェース、低速モード
    • SPIポート
  • AC '97およびI²S用インターフェース
  • 外部メモリ・オプション
    • 16ビットSDRAMインターフェース、最大2バンク
    • 16/8ビットSRAM/Flash/ROM I/F
    • シリアルEEPROMインターフェース
  • 内部周辺機器
    • ソフトウェア・トリム付きリアル・タイム・クロック
    • システム性能を最大化する12個のデータ転送用DMAチャネル
    • ブートROM
    • デュアルPLLによりすべてのクロック・ドメインを制御
    • ウォッチドッグ・タイマー
    • 2つの16ビット汎用タイマー
    • 32ビット汎用タイマー
    • 40ビット・デバッグ・タイマー
  • 汎用I/O(GPIO)
    • 16個の向上したGPIO、割り込み機能付き
    • 周辺機器で多重化された8個の追加オプション GPIO
  • 鉛フリー・パッケージ

パラメトリック仕様

プロセッサ速度(MHz) 200
キャッシュ・データ/コード 16 K/16 K
イーサネットMAC true
PCMCIAデバイス false
USBホスト 2
ディスプレイI/F false
グラフィックス・エンジン false
演算高速処理 true
タッチ/ADC 5 ADC
パッケージ 208 LQFP

技術文書

EP93xxユーザ・ガイド

2007 年 9 月 19 日、DS785UM1:12391 Kb

EDB9302A-Zの製品情報

2007 年 6 月 8 日、0175-0607-PB:587 Kb

EP9302の製品情報

2007 年 6 月 8 日、0135-0607-PB:784 Kb

正誤表:EP9302 Rev E2シリコン

2007 年 5 月 4 日、ER653E2B:285 Kb

EDB9302Aテクニカル・リファレンス・マニュアル

2006 年 10 月 12 日、DS653DB1:1856 Kb

正誤表:EP9302 Rev E1

2006 年 1 月 20 日、ER653E1REV2:117 Kb

正誤表:EP9302 Rev E0

2005 年 5 月 6 日、ER653E0:212 Kb

設計リソース

AN273 EP93xxシリコンRev Eの設計ガイドライン

2007 年 3 月 1 日、AN273REV4:57 Kb

AN265 EP93xx RTC発振回路

2005 年 12 月 19 日、AN265REV2:187 Kb

AN269 EP93xxのラスター・エンジンの使用

2005 年 9 月 8 日、AN269REV1:482 Kb

AN266 EP93xxにNANDフラッシュメモリを接続する方法

2005 年 2 月 3 日、AN266REV1:83 Kb

ARM9ベース・プロセッサ・ファミリー比較チャート

2004 年 5 月 17 日、CH004F2:22 Kb

詳細

包括的なソリューション