3 Vインターフェイス内蔵 ステレオ・コーデック

CS4220/CS4221は、デルタ・シグマ変調技術を使用したステレオA/D コンバータおよびステレオD/Aコンバータとして機能する高集積・高性能24ビットオーディオ・コーデックです。CS4220/21は、低消費電力という特長があり、単一5 V電源で動作します。32 kHz、44.1 kHz、および48 kHzのサンプル・レートが選択可能なデエンファシス・フィルタも含まれています。また、CS4221には、113.5 dB減衰(0.5 dB刻み)が可能なアナログ・ボリューム・コントロールも搭載されています。アナログ・ボリューム・コントロール・アーキテクチャは、減衰時のダイナミック・レンジを維持します。ボリューム・コントロール変更は、「ソフト」ランプまたはゼロ・クロス技術を使用して実装されています。これは、デジタル・エフェクト・プロセッサ、DAT(デジタル・オーディオ・テープ)、多重トラック・レコーダーなどに採用されています。

特長

  • A/Dコンバータ:ダイナミック・レンジ100 dB
  • D/Aコンバータ:ダイナミック・レンジ 100 dB
  • D/AコンバータのSNR:105 dB (EIAJ)
  • アナログ・ボリューム・コントロール(CS4221のみ)
  • 差動入出力
  • オンチップ・アンチエイリアシングおよび出力平滑化フィルタ
  • 32 kHz、44.1 kHz、および48 kHz対応のデエンファシス
  • マスター・モードとスレーブ・モード
  • オンチップ水晶発振器
  • 3 V~5 Vデジタル・インターフェース
  • 単一5 V電源
  • パッケージ: 16ピンTSSOP

パラメトリック仕様

新設計には推奨しません
推奨される代替製品: CS4270

詳細

包括的なソリューション