昇圧型、クラスD アンプ

CS35L33は、特別に設計された広帯域幅の昇圧型コンバータとデジタル入力、クローズド・ループ・ハイブリッド・クラスDアンプを統合した、8 VのクラスDスピーカ・アンプです。スピーカの線形化と保護アルゴリズムの生成を助けるために、アンプの出力電圧と出力電流はリアルタイムで監視され、オーディオ/データ・シリアル・ポート(ADSP)を介して外部のDSPに送信されます。CS35L33は、完全に機能するI²Cコントロール・ポートを介して高度にプログラム可能なため、システム統合を簡単に行えます。

テクノロジー

オーディオ・アンプ

特長

  • マルチビット・デルタ・シグマ・モノラルDACまたは高度なデルタ・シグマ・クローズド・ループ・アーキテクチャを介したデジタル入力
  • プログラム可能な最大8 Vの昇圧電圧、昇圧FETおよび整流FET内蔵、広帯域幅によりオーディオ信号のクラスHトラッキングが可能
  • VPおよびVBST供給電圧の監視と報告、アンプ出力電圧の監視
  • マスター・クロック(MCLK)と外部「キープアライブ」ウォッチドッグ、IC過熱フォールドバックおよび保護
  • デュアル・モード・オーディオ/データ・シリアル・ポート
  • I²C制御ポート
  • 42ボールWLCSPパッケージ

パラメトリック仕様

入力タイプ I²S、
TDM
チャネル クラスDスピーカ・ドライバ、
1 x モノラル・ハイブリッド
出力電力(V) 4.4 W (8 Ω)
SNR (dB) 95
THD+N @ 1 W (dB) 0.02
電源 (V) 3~5.5
パッケージ 42 WLCSP

アプリケーション

詳細

包括的なソリューション