鮮烈な音声体験

音声コマンドは生活の一部に

携帯電話、ウェアラブル、または音声コマンドに応答するスマート・ホーム・デバイスの使用は、音声検出による常時オンのスマート・コーデックなど、Cirrus Logicの超低電力のミックスド・シグナル技術の専門知識で可能になります。これらのスマート・コーデックは、高度なマルチコアDSPを統合オーディオ・コーデックと組み合わせてユーザーの声をキャプチャし、精度の高い音声コマンドを可能にします。騒がしい環境でも、音声でアプリを開き、電話し、eメールやテキストを送信できます。

これらの超低電力のスマート・コーデックを使用すると、消費電力の高いアプリケーション・プロセッサを「スリープ」させることができるため、音声コマンドでアクションが求められるまで、バッテリ寿命を温存できます。当社独自のSoundClear® 音声コントロールと音声通信技術をニアフィールドおよびファーフィールド・アプリケーション向けに組み合わせることで、当社の製品は音声コマンドまたは音声通話のいずれにおいても、優れた体験を提供します。

  • マルチ・マイクのノイズ除去:アルゴリズムが騒がしい環境での音声認識エンジンの性能を強化し、クリアな音声呼び出しを可能にします。
  • バージ・イン:音響エコーキャンセルは、全二重音声通話や大音量再生時の音声コマンドのバージ・インを可能にします。
  • 低電力音声ウェイク:超低電力フレームワークは、単一または複数のトリガフレーズを可能にすると同時に、命令をバッファし、APを長時間スリープモードにすることでバッテリ寿命を温存します。

Cirrus Logicの音声キャプチャおよびアクティブ・ノイズキャンセル(ANC)技術は、新世代のデジタル・ヘッドセットの音声およびオーディオ体験を向上します。高品質のANC対応のデジタル・ヘッドセットでオーディオを楽しんでいるときでも、デバイスが検出しようと監視している間は、誰かが話かけると会話の声は通り抜けることができます(“透過”モード)。

音声認証のセキュリティ:ほんとうにあなたですか?

プライバシーおよびセキュリティに関する一般的な認識と関心が急速に高まる中、プライバシーおよびセキュリティにおけるCirrus Logicの音声、一般認識と関心も急速に高まっています。Cirrus Logicの音声認証機能ソリューションを使用すると、モバイル・デバイスは固有の音声特性によりユーザーを高精度で認証できます。当社の超低電力音声認証機能ソリューションは、スマートフォンとウェアラブルに対して安全にユーザー認証できるように設計されています。Cirrus Logicの音声認証機能ソリューションは、独自の技術を使用してクラウドに情報を送信することなく、デバイス上のユーザーをリアルタイムで認証します。さらに、Cirrus Logicの音声認証機能ソリューションには、たとえば、登録ユーザーの録音された声を再生することでバイパス・バイオメトリクス・セキュリティへの攻撃を防御する高度なスプーフィング対策技術が含まれます。これらの技術により、シームレスで安全、プライバシー保護も考慮されたユーザー体験ができます。2019年に、FIDO Allianceの生体認証機能コンポーネント認定プログラムが、Cirrus Logicの音声認証機能はスプーフィング対策および認証性能の世界的に認められている性能基準を達成し、1/10,000 他人誤認率(FAR)に合格する最初のコンポーネントになったことを立証しました。音声認証機能セキュリティは、接続されたすべてのデバイスの新しい使い方を可能にします。eメールの送信、ドアのロック解除、テキストメッセージの送信など、さまざまな機密性のあるタスクをハンズフリーで便利に完了できるようになります。

Cirrus Logic
[ { "title": "audio", "url": "/our-technology/audio/", "current": false }, { "title": "haptics", "url": "/our-technology/haptics/", "current": false }, { "title": "voice", "url": "/our-technology/voice/", "current": true } ]
技術はさまざまな場で活躍しています