サステナビリティと製品責任

Cirrus Logicでは、当社のブランド名を使って製造された製品が、企業の社会的責任の最高基準に達するように、すべてのグローバル・パートナーに最高水準の一貫性、倫理性、およびサステナビリティを実現するよう義務付けています。

サステナビリティ

ファブレス半導体会社として、Cirrus Logicは、ファウンドリや組み立て工場、テスト施設など、世界に誇るサプライ・チェーン・パートナーのネットワークを活かして、世界中のお客様に製品をお届けしています。Cirrus Logicでは、当社のブランド名を使って製造された製品が、企業の社会的責任の最高基準に達するように、すべてのグローバル・パートナーに最高水準の一貫性、倫理性、およびサステナビリティを実現するよう義務付けています。

責任あるサプライ・チェーン

品質に対するCirrus Logicのコミットメントの重要な要素は、基盤となるサプライヤとの誠実な関係です。責任ある企業同盟(RBA)の加盟メンバーであるCirrus Logicは、当社のサプライヤ行動規範の規定に沿って業務を行い、また一次サプライヤにも同様の規定に従うよう積極的に支援/奨励しています。Cirrus Logicは、行動規範に基づいて、サプライヤ・ネットワークを選択し管理します。そして、四半期ごとのレビュー、スコアカード、年次監査、サプライヤ開発目標、製造工程の歩留まり、全体的な品質パフォーマンスなど、さまざまな方法を用いて関係の継続的改善を管理、評価、推進しています。

サプライヤとの関係を通じて製品品質の管理をどのように実施するかについては、サプライヤの品質管理のサイトをご覧ください。

サプライ・チェーン倫理

Cirrus Logicは、サードパーティ・サプライヤとのあらゆる関係で、最高水準の製品品質と業務の一貫性を確保することに取り組んでいます。Cirrus Logicは、サプライ・チェーン全体の安全な労働環境、作業員に対する敬意と尊厳のある扱い、環境的および社会的責任のある製造工程を徹底することにも常に取り組んでいます。私たちは、あらゆる商取引において、一貫性と透明性を確保しながら、倫理的な方法で行動することに努めています。We share our current Anti-Slavery Statement below, and you can also review our prior 2018 and 2017 statements.

責任ある調達

Cirrus Logicは、当社のサプライ・チェーン・パートナーと密接に協力し、責任ある材料の調達を支援します。RBAの加盟メンバーであるとともに、責任ある鉱物イニシアチブ(RMI)に積極的に参加する会社として、紛争鉱物報告書における透明性への取り組みは、私たちが大いに誇りとするものです。

製品責任

Cirrus Logicは、半導体の設計と製造において、特定の危険物質の使用の禁止・制限に取り組んでいます。当社は、環境への影響を最小限に抑えるために、EU RoHSEU REACHなどの、適用される規制要件を遵守します。

詳細については、企業コンプライアンスサイトをご覧ください。

地球にやさしい職場環境

Cirrus Logicは、Urban Transportation Researchの2019 Best Workplaces for Commutersに選ばれました。これは、国の優れた基準に適合し、通勤社員に素晴らしいメリットを提供する米国企業として認められたということです。当社は、テキサス州オースチンとスコットランドのエディンバラの主要拠点で、無料のプライベート・シャトル・サービスを運用しています。さらに、自動車に代わるエコな移動手段を促進するために、自転車用の安全装置が付いたロッカーや電気自動車用の充電ステーションも用意しています。オースティンのCirrus Logic従業員の約20%は、通常の就業日に代替交通機関を利用して通勤しています。これは、二酸化炭素排出量の削減や交通渋滞の緩和に大きく貢献しています。


CSR 1:50

企業の社会的責任 1:50

シャトル、電車、バス、バイク: Cirrus Logicの交通プログラム

Cirrus Logicの通勤ソリューション送迎プログラムについて